FC2ブログ
今年のお天気って!
2012 / 03 / 13 ( Tue )
昨日今日と、久し振りに太陽が少し長く顔を見せてくれました。
それでも外気温は低く、夜は寒くて霜が降りたり氷が張ったりと、
とても3月半ばとは思えない気候です。
でも、春が近くまでやって来ていると思えることは、田圃の草がだんだん大きくなったり、
雨除け栽培のぶどうがブリージング(剪定した枝から樹液が出始める)になり始めた
事です。

ようやく儲けは無いものの、確定申告も終わりブログを書く気分になれました。

今年の寒さでハウスのぶどう達の芽吹きも遅れてはいるものの、
あまりにも寒いので途中から西ハウスに余っていたビニールをぶどうの枝の上に
べた掛けしたため、ようやくだいぶ大きくなり先日そのビニールを外しました。
べた掛けビニール 
水滴のついているのがべた掛けしているビニールです。


3月10日 
3月10日時点のピオーネです。早いものがこの位で、遅れているのは
まだ間が膨らんだ状態のものも多いです。

二重だけのハウスは、黄玉とシャインマスカットが早く5cmくらい出ています。
ピオーネは出始めているって感じです。

一重のハウスは、真ん中の暖かい瀬戸ジャイアンツと芽吹きの早いシャインマスカットが
芽が膨らんでいる程度で、ピオーネ、オーロラブラック等はまだまだでしょう。

でも、一旦芽が出てしまうとここからの成長は早く、日々大きくなっているのが感じられます。
早い2ハウスは乳酸菌を用意しました。寒いので培養に一週間ほどかけたいと思っています。

簡単に1,2月の私のやってきたことを書いてみます。

雨除けハウス剪定前(1月30日)
雨除け剪定前 

雨除けハウス剪定後(1月31日)
雨除け剪定後

畦シート60m設置
畦シート1 畦シート2

友人の大粒イチゴ左は1粒53g以上右は48g以上 ビックリでした 
DXSP 2tray

北一重ハウス皮むき。左の色が薄いのがむいだ後。 
皮むき途中
 
剥ける部分はきれいにしました
皮むき後

県普及センター主催のHP研修に半日 
HP研修

ブリージングに入った瀬戸ジャイアンツ。芽傷を入れたところから樹液が
滴り落ちています。
ブリージング

今年2本植えた紅環です。こくがあって美味しいそうですが、実が生るのは
2年先かな~。
紅環

これも県普及センター主催のぶどう研修会。
内容の薄い話に終始、残念!
ぶどう研修

同じ研修会で講演されたサンフルーツ東京ミッドタウン店のフルーツ
コンシェルジュ海原氏。私には縁の無い高いフルーツの話でした。
たかがフルーツにそんな値段の価値があるのか?疑問が残りました。
家賃が高いから仕方が無いのかな?買う人が居ることが不思議。
そんなお話、途中退席しました。 
サンフルーツ

先日11日には石原果樹園さん達と和歌山県の有田川町の巨峰村森園さんと
兵庫県和田山の加門ぶどう園さんへ見学に行きました。
こちらのお話の方がずっと役に立ちそうです。

長らくご無沙汰ブログですので、長くなってしまいました。
最後までお付き合いありがとうございました。
23 : 44 : 29 | 日々の農作業 | コメント(0) | page top↑
時の過ぎる早さに!
2012 / 01 / 22 ( Sun )
ついこの前「おめでとうございます」と挨拶をしていたと思ったのに、
もうお飾りも外し1月も20日以上過ぎてしまいました。

その間、昼間はハウスの落葉を掃除し仮剪定、また落葉を掃除して本剪定、
本剪定が終わったので一昨日から西ハウスの内張りビニール掛け。
昨日ほぼ終わったので、今日はたっぷりと水をやりました。

そして今日から東ハウスの内張り掛けにかかりました。

ブログの更新が出来なかったのは、今年初めて隣村の同級生が作っている
イチゴを皆さんにも食べていただきたいと販売する事にしたためでした。
彼は若い時親父さんを亡くし、勤めを辞めイチゴ作りを始めたのでした。
高校も違いほとんど付き合いは無かったのですが、いろんな人から
彼のイチゴは他とは違うとか、こだわりを持って作っているとか聞いていたので
ぶどう作りの参考になればと思い昨年の5月に久々に訪ねて行ったのです。
いろいろ話をしていると、思ったとおり私以上のこだわりで作っているようでした。
その上そのこだわりを隠すことなく教えてくれ、意気投合したのです。

そんな彼の作るイチゴならと、無理を言ってHPと
ぶどうも出品している「晴の国商店街」に出させてもらう事にしました。

”はるか”のハウスです。ビニールにぶら下っている物は、私が参考に
させてもらったニーム竹酢液の入った遮光ボトルです。
はるかハウス 

同じく”はるか”です。これだけ畝を高くするのもこだわりの一つです。
はるか 
どちらも少し早かったので、赤いのが少ないですが、今はもう増えている事でしょう。

ベスト?
石垣島生まれで寒がりのチャーミーに、母ちゃんが娘に昔着せていたベストを着せました。
ちょっと格好悪いけど少しは暖かいかな?
嫌がらずに着てくれています。

剪定 見難い写真ですが、手前が本剪定済みで少し長く残っているのが仮剪定のところです。
  
00 : 24 : 36 | 日々の農作業 | コメント(0) | page top↑
ストーブが点いてます
2011 / 11 / 11 ( Fri )
一時期寒かったものの、また暖かくなっていたのに昨日から急に寒くなり、背中ではファンヒーターが動いています。

11月半ばになろうというのに、未だぶどうを出荷しています。
雨除けハウスのパイングレープと、同じく紫苑が残っているのです。

今年初めて実を付けた紫苑
紫苑

パイングレープ 
パイン

オークションに特価で出品中ですが、同じ方に瀬戸ジャイアンツやパイングレープ、時には
粒粒に切り落としたピオーネを落札いただいて、本当にお客様ってありがたいと感じています。

90%がリピーターのお客様!
自分でもビックリですが、ただ感謝!感謝!です。

稲刈り、籾摺りも終わり、ぶどうを収穫しながら来年のための元肥を入れ始めました。
昨年は少しですが化成肥料も入れたのですが、今年は微量要素を除いた全てを有機肥料を
使ってみようと思っています。

堆肥も牛糞を使った物と、マッシュルームを栽培した後の藁を半年寝かせた物の2種類を入れています。
牛糞を使った堆肥は、籾殻・藁・ピートモスが入っていて値段は高いのですが袋で買っています。

この堆肥を買っています
牛糞堆肥 
 この堆肥を、このように入れ
牛糞堆肥入れ 
その後、リンサングアノ(バット)と海草の粉を振り込んで。
その上にマッシュ堆肥を入れています
マッシュ堆肥入れ 
このやり方で良いのかどうかわかりませんが、より美味しく成るのではないかと試行錯誤です。
ちょっと遅い気もしますが、水をやった後で乳酸菌を上からふろうと思っています。

もう一つ、珍しいぶどうを買ってみました。

アウローラ赤い色が付いているのが”アウローラ21”、緑が”黄華”。
この2房でなんと税込み10,500円、大阪のお店から買ったのですが、
生産者は信州の大村さん。以下はお店のHPから流用た文です。
 
「アウローラ21」(商標登録第4540218号)は、山梨県の原田さんが交雑育成したぶどうです。この葡萄を生み出した原田さんには感謝です。現在、アウローラ21の生産者はアリサ・アウローラ アソシエーションに属し20名程度の生産者がいます。
その中で、大村竜平さんが味、姿、品質を完成させたと言っても過言ではありません。
くだもんやでは大村竜平さんのアウローラ21だけを取り扱います。」

アウローラ21の粒の大きさには、ビックリしました。本当に大きいです。
皮ごと食べられると説明文にはありましたが、渋味が強く皮はまず無理。
皮を剥いて食べると、美味しかったですね。
ただこの値段はあまりにも高すぎるとは思いました。
黄華は、独特の味ですが???です。
これだと、我家の輝宝シャインマスカットをお奨めします。

何事もお勉強、アウローラを作るかどうかはこれからの課題ですね。

久々に書くと長くなります。
00 : 49 : 16 | 日々の農作業 | コメント(0) | page top↑
一安心?
2011 / 05 / 23 ( Mon )
今朝の最低気温は18度、しかし明朝の最低気温の予想は14度!
ハウスを開放にしたり、閉めたりと日々変えています。

一昨日午後の天気予報で26日が雨になっていたので、
予定を変更して15時過ぎから田の四隅をきれいにな均し、
夜に肥料散布機と籾播機をセット。

昨日朝、ハウスを開け朝食を早めに終わらせて田んぼへ。
今年初めて試作するキヌムスメから播き始め、ヒノヒカリと
アケボノを播き終えて予定通り散布出来ず残った肥料を手で撒きました。
トラクター他の道具を洗う時間は無く、それでも食事にかかったのは22時。
ちょっぴり疲れました。
でも雨が降る前に終わって一安心です。

今日はようやくシャインマスカットの粒間引きが終わりました。
二重ハウスの中では、瀬戸ジャイアンツとロザリオビアンコの粒間引きが
残っています。
今日初めて気がつきましたが、種ありベニバラードが色付き始めていました。

一重ハウスの1回目のジベ処理が残っていますので、
明朝その処理とわずかに残っている二重ハウスの2回目のジベ処理を終わらせて、
雨除けハウスのパイングレープ他の枝の誘引や房の切り込み作業に取り掛かろうと
思っています。
雨除けハウスは昨年に比べるとかなり遅れています。
あれこれ作業は残っていますが、徐々に前に進んでいます。

01 : 08 : 53 | 日々の農作業 | コメント(0) | page top↑
忙しくなりました
2011 / 04 / 14 ( Thu )
つい先日まで太陽は出ても風が冷たく、ハウスを開けたり閉めたりと忙しかったのですが、
ここ数日は風も温かく急に春がやってきました。

その為二重ハウスのぶどう達が一斉に花を咲かせ始め、少しノンビリしていた気持ちを
切り替えて房の切り込みや枝の先を止めたり副梢の整理と、急に忙しくなりました。

4月2日の房の切り込みと花の咲き始めの写真です。
切り込み前 
最後の整形前です。

切り込み後 
必要な部分だけ残して切り落とします。
これはピオーネの標準サイズです。

咲き始め 
4月2日のピオーネですが、花が咲き始めています。黄色く見えるのが雄しべです。

2回目の講習会 
4月5日には今年2回目のピオーネの講習会です。

焼きスクモ 
昨年早く落葉し今年も元気の無い黄玉に早めに焼きスクモを入れました。
効果が有るか無いかは、最後になってのお楽しみです。

接木 
今年接木したパイングレープがようやく本格的に大きくなり始めました。
ぶどうは自分の養分で右の4本のように発芽するのですが、
その後大きくなるためには根を出して水分を吸収し始めないと、
目が膨れただけで枯れてしまいます。
左上の2本のように展葉し始めるとたぶん大丈夫です。

オリエンタルスター 
これは今年売れ残りを買ってきて植えたオリエンタルスター、
ようやく芽が膨れてきました。
しばらく変化が無かったので心配していましたが、
もう大丈夫です。

クイーンニーナ 
たった1本しか手に入らなかったクインニーナ。
12月に購入後、畑の土の中に埋めていたのですが、
こちらは芽を出してくれました。

新兵器? 
減農薬の一つとして二重ハウスに今年初めて吊るした新兵器?です。
中にはニーム竹酢液が入っています。
チャノキイロアザミウマがハウス内に入ってこない事を祈って?、
ハウスの内側に吊るしています。
効果を期待しているのですが、どうでしょうか?

これと平行して、同じチャノキイロアザミウマの対策として青色の粘着紙を
今日吊るしました。

今年の防除は二重ハウスではまだ殺菌剤を2回だけです。
今年は今のところ乾燥状態が続いているので、怖い灰カビも殆ど出ていません。
この調子で、最終的に5回(5種類)の薬剤で済めば慣行栽培の25%程度で
済むのですが。

23 : 28 : 24 | 日々の農作業 | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ