スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
部分深耕しています。
2016 / 11 / 23 ( Wed )
部分深耕
部分深耕

ぶどうの収穫作業も99%終わり、ビニールハウスにしてから初めての部分深耕で肥料を入れています。
今までは堆肥も他の肥料も上に降り込むだけでしたが、今年はあまりぶどうの調子がよくなかったため
思い切ってミニバックホーを使って部分深耕しています。入れているのは牛ふん堆肥・BM溶燐と竹パウダーです。これらを土とよく混ぜて埋め戻します。竹パウダーは今年初めて使いますが、袋を開けると
乳酸菌系のとても良い匂いがします。この匂いに惚れ込んで予定以上に使ってしまっています。
10kg入りの袋で結構な値段なのですが、美味しいぶどうを作るためならと奮発しました。
来年は良いぶどう出来てくれますように!


続きを読む
スポンサーサイト
21 : 55 : 29 | 日々の農作業 | コメント(0) | page top↑
東大阪の息子夫婦来園
2014 / 07 / 21 ( Mon )
 2ヶ月ぶりに東大阪の夫婦が来ました。3連休の中日という事もあり、
高速道路が混んでいたため少し遅れての到着でした。
今回はピオーネの傘紙掛けと、シャインマスカットの副梢が出ているのを切り取ってもらいました。
我々のように毎日見ていないので、どの部分が不要なのかの判断が難しいとのことでした。
いつものように晩御飯を一緒に食べて、9時過ぎに出発、何とかその日のうちには着いたようでした。
ブログの更新も出来なければ、肝心のホームページも更新しないのでぶどうの注文さえ出来ない。
いったい何をしているのか心配される方まで・・・・。

実は頑張って田んぼの中を這い回っていました。
それも隣村の知人の田んぼ。
旦那さんは腰が悪くそれが足に来ているし、奥さんは水が溜まりだして両足を手術をしていて、
どちらも水の入った田んぼに入る事が出来ない状態。
水が入る前の除草剤と水を入れてからの除草剤、突然お願いされやってあげたのですが、
昨年の草取りが出来ていなかったためか凄くたくさんのヒエが残っている。
あまりの状態に見るに見かねて「取ってあげようか!」と思わず声を掛けてしまった。
もっと短い期間で取り終えることが出来るかなと思ったのですが、
さすがの多さで予想外の時間が掛かっています。
後3日ぐらいはかかるかな~。
ボランティアのつもりでやっています。
草取り前 
黄緑色が稲、間の色の濃いのがヒエです。

草取り後
このように草をとると水が見えるようになります。
白いものは肥料袋で、取ったヒエをこの中に入れて
まとめて持ち出します。
腰は痛くなるし、腕は疲れるしで、夜はダウンしていました。
でもボランティアだからできるのであって、アルバイトなら
とっくに止めているでしょうな!

そんな事の日々でした。



02 : 31 : 01 | 日々の農作業 | コメント(0) | page top↑
堆肥入れ終了
2012 / 11 / 26 ( Mon )
今日ようやく雨除け栽培圃場の堆肥入れが終わりました。

前回の日記で助っ人の力を借りた後、10aのハウスに菜種粕や海草その他と堆肥を入れ、
この圃場にも同様に菜種粕他を入れ、今日が最後の元肥入れとなりました。

どのハウスも除草剤をほとんど使用していないので、草刈りをして落葉をかき集め田んぼへ
もって入ってからの作業なので、時間がかかりました。

堆肥入れ 
堆肥を入れた後既に落ち葉が落ちています。落ちる落ち葉と競争しながら入れるのは
結構忙しいです。

最後の一房 
たった一房、収穫し忘れたパイングレープが残っていました。寒さや霜にいつまで耐えることが出来るかテストの為、このまま置いておきましょう。
12月中旬まで持ちこたえてくれたら面白いのですが、さてどうなる事やら。

これで今年のぶどうの作業は、ほぼ終わりました。
後は水やりをしながら落ち葉をかいたりして、来年に入ってからの剪定作業まで少しお別れかな!

今度は田んぼを耕す為に、コンバインで切った藁を散らした後、今年中には一度耕したいと思っています。

母ちゃんは、ぶどうの作業場に残っている資材の整理中です。
いろんなぶどうを作ったり、出荷先もお客様へ直接だったり、JAだったり、それぞれ箱が違うので、種類が多すぎて在庫管理が大変です。
来年注文する為にもいちいち数を数えています。
01 : 09 : 02 | 日々の農作業 | コメント(0) | page top↑
徐々に!
2012 / 07 / 20 ( Fri )
暑い日々が続き、ぶどうにとっては良いのですが、残念ながら夜温もそれに伴い高くなり、
色ぶどうの色付きが送れ始めました。

今日は以前から母ちゃんに頼まれていた仕事をようやくしました。

一つは作業場へ天井扇を移設する!
以前JAへ出荷していた時使っていた納屋へ取り付けていた物を、
今使っている作業場の天井へ移設して欲しいとのことでした。
以前の場所の天井は低かったのですが、今度の天井は1.8mの脚立の
最上部に上がってようやく手が届くくらい高く、二の足を踏んでいたのですが、
今年も暑くなりそうなのとここで使用していた扇風機があまりにもぼろで、
火事でも起こしたら大変なのでようやく思い切りました。
天井扇 
これも見るからに古い!

二つ目は、予防に使う樽やオイル缶などを置く棚を作る事でした。
いつも地面にそのまま置いていたのですが、場所を取るので棚に上げたいとの
リクエストでした。
棚 
解体して保存していたガラス温室の木材を利用して作りました。
何とか格好付きました。
手前の白いチューブは、ワンちゃんの為のミストシャワーのための物です。

二つの作業だけで本日は終了。片付けはできていません。

明日は14時からJAでニューピオーネの出荷査定会だそうです。
ちょっぴり覗いてみましょう。
00 : 51 : 48 | 日々の農作業 | コメント(0) | page top↑
春の嵐?
2012 / 03 / 25 ( Sun )
春一番と呼べる時季は過ぎたとの事ですが、昨日から今日にかけての風は
まさに春の嵐!
昨日は昼間もハウスが揺れるほどの風が吹いたけれど、夜は台風並みの風が
ビュービューと吹き荒れ、ハウスが心配になるほどでした。

昨日は隣村のぶどうの師匠の所へ、先日見学にお邪魔した兵庫県の加門様が
お越しになり、帰りに我がぶどう園へもお立ち寄りくださいました。
毎年ながらどこよりも早く成長している師匠のハウスでは見るところは多いものの、
まだ手入れの行き届いていない我家は参考にならなかったことと思います。
遠路はるばるご苦労様でした。

我がハウスでも、ようやく昨日から房の手入れを始めました。
まだ充分に大きくなっていないので、きちんとした房には出来ませんが、
早目に無駄な所を取り除いて必要な所へ養分が行くようにするためです。
西ハウスの安芸クイーン、ピオーネが終わり、ゴルビーが少し残りました。
明日は東ハウスへ入れそうです。

雨が多いので、田圃の草が大きくなっています。
トラクターで耕したいのですが、まだ入れないでしょう。

家のすぐ近くにある休耕して荒れている田圃の一部を、少しばかり畑用に借りました。
雨の前に完熟堆肥と有機苦土石灰と化成肥料を入れ耕したので、
ここも歩けるようになったら黒マルチを敷いて、野菜やイモ類を植える準備です。
これは自家用とお友達へのお裾分け用だそうです。

今日夕方、村の農家の集会があり米の生産調整(減反)の書類を貰いました。

ここ数年、ハウスの補助を受けるためお国の減反政策にのっとり、
減反(米の作付けを水張面積の61.7%に抑える)してきましたが、
どうしてもこの政策に納得いかないため今年はやめることにしました。

米を作らせずその減収分を税金を使って、戸別補償とか担い手や認定農業者には
金額補償とかその他諸々の保証金でカバーする。
何かおかしいと思いませんか!

お米は自主流通にしたとは言うものの、JAへの米の買い上げ価格は中央での
お国の戸別補償制度での試算金額に決まってしまう事も疑問です。
我家では乳酸菌を使ってこだわって作っていますが、JAへ出荷すれば
どんな作り方をしようが値段は等級により決まってしまいます。

ぶどうもお客様がわかるからこそ元気で頑張れるのと同じように、
お米も全国的には有名な品種ではありませんが、自分が食べて美味しいお米を
こだわって作っているつもりですので、たとえ苦しくても少しずつでも多くのお客様に
小幸園のお米として食べていただきたいと思っています。

どこか大手のスーパーさんが安い中国産米を輸入し販売する事にしたようですね。
噂ではありますが、日本の農薬の残りや日本で売れなくなった農薬が、中国で安く売られ
大量に使われているなんて話も聞きました。
輸入する時は、騙されないようにしっかりと検査をしてほしいものですね。

認定農業士の取り消しとか、ハウスの補助金の問題とか、難しい事が起きるかも
わかりませんが、それでも残り少なくなりつつある人生、悔いのないように
生きたいと思っています。


23 : 27 : 29 | 日々の農作業 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。