またまた淋しくなりました
2014 / 05 / 14 ( Wed )
 久々のブログ更新がぶどうの話でなく、またまた淋しくなった話になりました。
昨年2月にももちゃんが天国に旅立ちましたが、今日15時頃島犬チャーミーが旅立ってしまいました。
我家にやって来た時から甲状腺機能低下症があったようでしたが、昨年から水をたくさん飲むようになり病院に行くと副腎皮質機能亢進症とのことでした。その薬も飲ましてはいたのですが全然回復の気配も無く、そのうち尻尾をかぶって骨が見えてきました。身体のあちこちを舐めたり噛んだりと、傷だらけになっていました。散歩のスピードも極端に遅くなってきていましたが、毎日朝晩のお散歩には出かけてくれていました。しかし段々と食欲が落ち、金曜日からは立ち上がることが出来なくなりました。先生とも相談し高栄養の缶詰をやると喜んでガツガツ食べてくれました。しかし、尿のでも少なくなり、お腹が大きくなってきたので、月曜日に病院に行って腹水を抜いてもらい、エコーで調べたら肝臓に癌が出来ているとのこと。それもたくさん。食欲が無くなった時に血液検査をしてもらい、肝臓の数値が極端に悪い事は分かっていたので、恐れてはいたのですが想像どおりの結果でした。
でも、痛がることも苦しむ事もほとんど無く、心配を掛けまいとするように静かに横になったまま、私と母ちゃんから少しずつスポイドでジュースを飲み、旅立ってしまいました。
頑固でお利口さんのチャーミー、しっかりと番犬の役目も果たしてくれました。2007年に成犬でやってきましたが、まだまだ長生きして欲しかったよ。
ありがとう、時間ができたらチャーミー物語を作るからね。

2007年1月3日初めてチャーミーに出会った日です。牛窓のお母さんの家で.
s-IMG_0016.jpg 
我家での初めての写真。お母さんに貰ったバンダナと、最後まで放さなかったピンクの毛布。
s-IMG_00188.jpg 
来た年の3月既にガラス温室の中で孫たちと遊ぶほど慣れてくれました。
s-チャーミー (4) 
上と同時期の写真です。顔は怖いが,気は優しい女の子。
s-チャーミー (21)
仲良し皆での記念撮影
s-DSCF5291_2014051323514264b.jpg
傷だらけで、尻尾の先を噛むので注射器を加工してカバーです。
s-PICT0002.jpg 
同じ時期の著って覇気の無くなった、痩せたチャーミー
s-PICT0005.jpg 
これが最後の写真となりました。お気に入りの、母さんから貰った毛布をいつも着ていました。最後の日も。
s-DSCF0987.jpg 
長々とチャーミーのお話に、お付き合いありがとうございました。お利口な物語がまだまだあるのですが、それはチャーミー物語としたいと思います。ももちゃんとチャーミーは天国に旅立ちましたが、まだウォルとさちが居ます。ぶどう達も暖かくなってきてグングン大きくなってきています。今後とも、小幸園として頑張ります.ので、どうぞよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
00 : 49 : 33 | 島犬チャーミー | コメント(1) | page top↑
予防注射に行ってきました。
2012 / 04 / 16 ( Mon )
ワンコ達の年に一度の予防注射の日でした。

2匹のワンちゃんを軽トラに乗せて、母ちゃんと車で5分ほどの郵便局まで行きました。

例のごとくチャーミーは大人しく、他の犬が居ても全く我関せずで大人しいのですが、
黒ラブのウォルは吼えたりはしないのですが、興奮してじっとして居れません。

どうしても二人で行かなくてはいけないのです。

狂犬病と8種ワクチン、そしてフィラリヤの薬を買ってかえりました。


00 : 46 : 23 | 島犬チャーミー | コメント(0) | page top↑
| ホーム |