スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
乳酸菌を!
2011 / 03 / 26 ( Sat )
相変わらず気まぐれで寒いお天気。
朝は温暖な気候のここ岡山でも雪が降っていました。
晴れたり曇ったり、時折り雨が降ったりのとんでもないお天気で、
母ちゃんの手動ハウス開閉器は、あっちのハウスこっちのハウス開けたり閉めたりと、
大忙しの一日でした。
オラは昨日の続きのピオーネと安芸クイーンの出来る枝だけ誘引。
雨除けハウスへ潅水。
午後から西のハウスへ乳酸菌と竹酢液、竹炭の灰ミネラルを混ぜて潅注器で潅注。
春根も動き出しているだろうと考えての作業です。
明日は東ハウスへ潅注する予定です。

今年植えたクインニーナの芽が膨れてきました。
発芽まであと少しですが、このところの寒さで足踏み状態です。
スポンサーサイト
23 : 01 : 56 | 日々の農作業 | コメント(2) | page top↑
なんて素晴らしい人達
2011 / 03 / 26 ( Sat )
なんて寒い日々が続くのでしょう。
被災された方々の事を思うと気の毒で、早くせめて季節だけでも春が来て欲しいと願います。

地震で被害にあわれた宮城の「ぜんちゃんのブドウ畑」のトモさんに、
「何か不自由な物は無いですか?」って電話入れました。

「さっきハウスでぶどうの芽が膨らんでいるのを見つけて、
嬉しくなって写真にとってみんなで笑顔になってました。」
「便利は悪いけど、津波にあわれた方より服も布団も有るので幸せです。」

明るい声でお話をしてくださいました。

津波にあわれた方々は口を揃えて、
「生きているだけ幸せです。」とおっしゃっていますね。

なんて強い心をお持ちの方々なのでしょう。

自分があの境遇に置かれたら、あんな風に生きられるのだろうか?

考えると恐ろしくなります。

普段瀬戸内の温暖な気候風土の中で、のうのうと暮らしている自分には
決してまねが出来ないのではないだろうか!

本当に素晴らしい人達ですね。

その1人、トモさんとお話をして、こちらが明るい気持ちにさせていただきました。


この寒さの中、ぶどう達も大きくなってきました。
早いピオーネやゴルビーの枝の誘引を始めました。
シャインマスカットも誘引できる枝が増えてきています。
一重被覆の北ハウスもシャインマスカットは5cmくらい芽が大きくなっています。
サイドレスの雨除けハウスも芽が膨らんできていました。

先日思いついて、いつも行く農家の店に売れ残っていたオリエンタルスターを
2本買い植えました。
新しい品種が増えるのは、「どんなぶどうが生ってくれるのだろうか?」と
青年がまだ見ぬ恋人を思う気持ちと同じようなわくわく感があります。

そろそろ忙しくなりそうな気配です。
01 : 22 : 54 | 思いのままに | コメント(0) | page top↑
頑張れとしか言えない自分が・・・。
2011 / 03 / 20 ( Sun )
前回書いたぜんちゃんだけでなく、ぶどうを買って下さったお客様の仲にもきっと被災された
方もいらっしゃると思います。

仙台市若林区や宮古、釜石、たくさんではないけれど数名の方がいらっしゃいました。
遠方よりご注文くださった方々の安否が気になります。
ご無事でいらっしゃることを心より祈っています。

夕方見たテレビで原乳や野菜から基準値以上の放射線が確認されたようです。
東京電力の話だと、損害賠償には国と協議して対処するとの事。

いったいどれだけの範囲や内容で賠償請求できるのでしょうか。
直接測定されなくても風評被害で値段が下がったり、売れなかったり。
一次産業はとても苦しいのですよ。

マスコミも国ももちろん評論家、専門家、特に原子力安全保安院?
もっと真実をきちんとしゃべれよ。
原子力の専門家もたくさん出てきたが、本当に安全なのか?最終的には
あの燃料棒はどうするのか?
嘘はもうごめんだ。

おいテレビ局、津波の状況は延々と流したが、そんなのは2,3日でよいぞ。
肝心の困ってる被災者のための放送はもうやめかい?
用事もないのに現場に無駄な燃料を使って入って、しょうもない質問を繰り返し、
お涙頂戴なんて見え見えは要らない。
少しでも被災者の事を考えて、今出来る事をやれ。

こんな事を書いていても、何も出来ない自分が情けない。

00 : 14 : 16 | 思いのままに | コメント(0) | page top↑
ショック!
2011 / 03 / 15 ( Tue )
11日の地震以来連絡がつかなかった「ぜんちゃんのぶどう畑」のトモさん。
宮城県大崎市古川(旧古川市)でハウス栽培のぶどうとササニシキ他のお米を作られていますが、
今日昼前有線電話をしたら、呼び出し音は聞こえるもののでられない。
ダメモトで携帯へかけると、今までは「話中」か「電源が入っていないか・・・」ばかりだったのが
呼び出し音が聞こえる。
すぐにびっくりしたようなトモさんの声が!

海岸線より30km以上離れているので津波は大丈夫だったそうですが、地震でお家が駄目になったそうです。
一時避難所に居たのですが、今はぶどうを作っているハウスにカーテンを吊って寝泊りされているそうです。

自分も被災されているのにハウスの野菜を避難所に持って行ってあげているそうです。

テレビの報道は津波と原発ばかりなので、地震により避難所生活を送ってる人たちがいることすら
しりませんでした。
マスコミはもっと広く報道してもらいたいですね。

オラとしては「頑張ってまたぶどう作ってくださいね!」としか言えませんでした。

頑張れ!ぜんちゃん・ともさん

明日からまた寒くなるそうです。避難所生活をされてる皆さんも、頑張ってくださいね。
23 : 12 : 15 | 思いのままに | コメント(0) | page top↑
寒いけれど確実に春が!
2011 / 03 / 15 ( Tue )
まだ三寒四温とは言えませんが、昨日今日の暖かさは確実に春が近づいてきてると感じられました。

昨日は草が生えてきた田圃を、30年選手の乗用トラクターで耕しました。
農機具屋さんからは、そろそろ新しいキャビン付きに代えたらと随分勧められますが、
昨今の米価ではとても購入できる余裕はありません。
動く間は働いてもらいましょう。

12日の一重ハウスのぶどうです。
自家製苗木  
昨年自分で接木してつくった苗木です。こんな小さな芽が膨らんできています。

一重シャイン 
北ハウスで一番早いぶどうです。昨年植えたシャインマスカットです。

並列に 
上がシャインマスカットで下はピオーネ。こんな作り方は駄目なのですが、
少しでも収穫を上げたいので平行栽培になっています。
来年はピオーネを切る予定です。

手入れ前 
これは今日の仕事で1本の枝に2房付いているのを、全部1房にしました。
これが作業前

手入れ後 
こちらが作業後で、上の房を切り落とし下の房の無駄な叉ひげを切り落としています。
まだ全部は出来ないのですが、出来る房からやっています。
作業できたのは西ハウスのピオーネ・ゴルビー・安芸クイーン、
東ハウスの黄玉・パイングレープ・1本のピオーネです。
明日は東のシャインマスカットの不要の芽を欠き取り、叉ひげを切り落とします。

今朝起きて犬の散歩に行こうと思って外に出ると、いつもは靴を履く音で煩く吼える肥が、
今朝は聞こえない。
外に出ると案の定黒ラブラドールのウォルが鎖を付けたまま脱走している。
あわてて二人で捜索、途中でゴールデンを散歩中の近所の人に聞いてみたが知らないとの事。
しばらく探したが居ないので警察と保健所に連絡し、再度探しに出かけようとしていると
その人から連絡が有り、親父が行っている老人ホームの入り口に繋いであるとのこと。

行ってみると我家のクサリでフェンスに繋がれ、丁寧にバケツに水まで貰っている。
親父が足が達者だった頃は、家に帰っても翌日には歩いて行っていたのだが、
犬までこの老人ホームが好きだとは思いませんでした。
捜索中三度ほど通ったのですが、話を聞くとその頃は奥の方につないであったとの事。
やれやれで、お礼を言って引き取りました。
警察と保健所に電話し、朝のドタバタ劇は終わりました。
ももちゃんのお友達が居なくなると淋しがるだろうと思っていたのですが、
これでまた二人の仲良しぶりが見られます。
00 : 26 : 35 | ぶどう | コメント(0) | page top↑
あまりに悲惨で!
2011 / 03 / 14 ( Mon )
こんな悲惨な出来事がおこるのですね。

テレビで見るしか出来ないのですが、ひどい惨状にそれでも涙がでてきます。

一人でも多くの方が救助されることを心から祈っています。

茨城のかやねずみさんとは連絡が取れたのですが、

宮城県の”ぜんちゃんのぶどう畑”のトモさんとはまだ連絡がとれません。

停電のためだと思っています。

無事でいらっしゃることを祈っています。

これが東海、東南海、南海地震の引き金にならないことも!
00 : 07 : 09 | ある日の出来事 | コメント(0) | page top↑
エコファーマーってなんだ?
2011 / 03 / 10 ( Thu )
皆さんはエコファーマーって言葉を聞かれた事がありますか?

エコファーマーとは

 エコファーマーとは、平成11年7月に制定された「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律(持続農業法)」第4条に基づき、「持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画」を知事に提出して、当該導入計画が適当である旨、知事の認定を受けた農業者(認定農業者)の愛称です。

 エコファーマーになると、「持続性の高い農業生産方式」の導入に必要な機械・資材の整備等に際して、次のような支援措置等があります。

 (1)農業改良資金の貸与特例

据置期間を含めた償還期間が12年まで延長(通常は10年)

  (2)税制上の特例措置

 (3)機械・施設等の整備等に対する助成措置

 (4)エコファーマーマークの使用

 導入計画に基づいて生産された農産物に添付するシール、包装容器・包装箱などにエコファーマーマークの表示

 

 ※持続性の高い農業生産方式とは

(1)たい肥など有機物資材の土壌還元による土づくりの実施

(2)肥効調節型肥料の利用などによる化学肥料使用量の低減

(3)生物農薬の利用などによる化学農薬使用量の低減を一体的に行う農業生産方式を言います。

  

エコファーマーになるには

 エコファーマーの認定手続きは、次の手順で行います。

  1. まず、農業改良普及センター等と相談し、「導入計画」を作成します。
  2. つぎに、作成した「導入計画」を添付し、県(農林事務所)に認定申請をします。
  3. 申請を受けた県では審査(県導入指針に照らし、適当であり、達成が確実か)を行い、知事が計画を認定します。 
たぶん一般の方や農業に従事されてる方でもこの制度に興味の無い皆さんは、エコファーマーになるには「持続性の高い農業生産方式」を既に行っている農業従事者はエコファーマーになれるとおもいますよね。

ところが、それは大きな間違いでした。
私も最近ちょっとした事で興味が沸き農業普及センターに問い合わせた所、
問題は認定手続きの1.の青字の部分です。

つまり(1)(2)(3)がまだ細かく分かれているのですが、そのいずれか1つを普及センターの指導のもと取り入れなければ
申請が出来ないのです。

今までごく当たり前の慣行栽培をしている人は簡単に選べます。例えば堆肥を導入するだけでもOKです。
でも、既に有機を多く入れていたり、化学肥料を殆ど使わなかったり、減農薬栽培をしていたとしたらどうでしょう。
役に立ちそうな技術が無いとしたら「導入計画」が作成できないのです。

エコファーマーになることは出来ません。

この話を聞いて、お役所仕事だから仕方がないと諦めました。

ついでにもう一つ笑える話です。

このエコファーマーのマークを見て下さい。(エコファーマーで検索)
下に「環境にやさしい農業をはじめました」又は「環境にやさしい農業を行っています」等と書かれているはずです。

この言葉に公取が今更ながら「まった!」をかけたようで、23年までしかこのマークが使えないようです。
環境やさしい農業と言う言葉が曖昧だとの理由だそうです。

まあお好きにしてください。

私が今年は導入しようとしている「特別栽培」標記の方がまだ信憑性がありそうです。

お客様と生産者との信頼関係に基づく標記ですが、胸を張って「農薬の少ない化学肥料の少ないぶどうです。」
と表示できる美味しくて安心して食べていただけるぶどうを作っていきたいですね。

それでも減農薬と書く事は禁止されています。

不可解!!
23 : 41 : 47 | 思いのままに | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
美味しいぶどうのために
2011 / 03 / 10 ( Thu )
昨日のブログに書いたとおり今日は北の一重ハウスの草刈り。

殆どの生産者がぶどう園の中も除草剤を使います。
何故なら草刈りをしてもまたすぐに大きくなるからです。

根まで枯らす除草剤を使うと、次が生えてくるまでしばらくかかります。

例えばラウンドアップとかタッチダウンのような圃場でも使える除草剤を使うのですが、
たとえ土の中に入ると植物には影響がない薬でも、
植物が吸収してどのような反応があるのかわかりません。

だから少しでもはぶける物は使わないようにと、自己満足のこだわりの一つです。

1回目の草刈り 
細い草が絡まりあって結構大変です。

柱の周りは跡からナイロン紐で刈ります。
ぶどうの木の周りは母ちゃんのこだわりで、手で抜くそうですので残しています。

この作業でぶどうが少しでも美味しくなってくれればと思って、
汗びっしょりになりながら頑張っています。
22 : 58 : 04 | 日々の農作業 | コメント(0) | page top↑
あまりにも寒いので!
2011 / 03 / 09 ( Wed )
今日も午前中は快晴だったけれど風はとても冷たかった。
この寒さがしばらく続きそうなので、
今更ながら北の一重ハウスに腰部のみビニールを追加する事にした。

昨日、十年以上前に近所のイチゴを作っていたハウスのビニールを外したものを貰っていたのを
引っぱり出し6m幅を3等分2m幅に切断。


今日は朝から残りの1枚を切断し、取り付けました。
天井は1枚のままですが、これだけでハウス内の温度が少し高くなります。

北内張り1 
昨日帰る前に地面に付かないように、こんな風に棚の針金にピンチで吊るしていました。
ピンチで吊るして1人で幅を計って印をつけ、丈夫なクリップで挟みながら1人で切断。
古いので透明度は無いのですが、腰なのであまり関係有りません。

北内張り2 
この北ハウスは褄部に足場パイプを使って棚を独立させているので、
この部分はスプリングで仮止めしています。
サイドは棚固定パイプに針金を固定し、アルミピンチで50cm間隔で仮設しています。

草生栽培しているほど草が生えていますが、これは明日刈り取る予定です。
除草剤を使えば早いのですが、何かしらの影響がありそうで使っていません。

この一重ハウスはまだ芽が出ていません。
シャインマスカットの細いものが芽が膨らんできている程度です。

それにしても寒い一日でした。
成長度合いは全体的に昨年より遅いようです。
23 : 54 : 53 | 日々の農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今年も寒い春かな?
2011 / 03 / 07 ( Mon )
東京は雪が積もっている様子がテレビのニュースで流れていましたが、
ここ岡山でも冷たい風が吹き、晴れたり曇ったり時折り雨が降る寒い日が続いています。

昨年も10日過ぎに雪が降り県北では倒壊したハウスがたくさん有りました。
今年も昨年と同じような寒い春、暑い夏になるのでしょうか?

芽吹き始めているぶどう達もこの寒さで足踏み状態です。

昨日昼前に師匠である石原果樹園のお父さんから電話が入り、
吉備中央町のぶどう園を見に行こうとのこと。
当然即答「行きます!」
同行はピオーネの師匠杉山さん、翠峰の名人横山さん、桃太郎ぶどう作りの歳森さん、
当然石原さんとオラとの5人。
行った先は最近観光農園を始められた「吉備高原ファーム」さん。
当日の様子はこちらのHPに詳しく書いていただいてますので覗いてみて下さい。

根域制限栽培をされていて、通路は防草シートが敷かれていてとても綺麗でした。
根域栽培1 

根域栽培2 
これなら車椅子やハイヒールでも入れそうですね。名前は知っていても食べた事の無い
珍しいぶどうも色々有りました。

別ハウス 
こちらは普通栽培ですが、赤色のぶどうの木の先に緑のぶどうが接木されていました。
お客様のために色々と努力をされています。

見学の後コーヒーをご馳走になり、猪の肉をお土産にいただきおいとま。

折角ここまで来たのだからと、携帯で連絡し高梁市のオラの友人のトドさん宅へお邪魔。
奥様のアシカさんにもお会いできオラは幸せ気分でした。
雨が降り出していたのでぶどう園には行けず、コーヒーをおかわりウリボウの肉の燻製や
美味しいチーズをご馳走になり、台風のように騒がして退散しました。
突然お伺いしてごめんなさいでした。

このご夫婦はとっても素晴らしい才能をお持ちのお二人です。
是非、ホームページやブログをご覧になってください。
すごく楽しいですよ。
癒されます。

ゆっくりは出来なかったけれど、久々に楽しい半日でした。

今日も外は寒く晴れたり曇ったり雨が降ったりと忙しい一日でした。
ももを連れて北のハウスで、昨年途中止めにしていたかんたんな作業をしました。
ぶどう棚に針金を引いているのですが、それをステン針金でパイプに結ぶ作業と、
枝を引くときに使う針金をもう1本追加しました。
これで北のハウスの棚関係の仕事は終了です。
二重ビニールを掛ける時はまだ大変な作業が残っていますが、
来年はまだ掛けないつもりなので、しばらくはこのままです。

今日1日ハウスで過ごしていたからでしょうか、ももちゃんが晩御飯をたくさん食べてくれました。
一安心です。
23 : 28 : 42 | 先輩や仲間達 | コメント(1) | page top↑
ももちゃんがなんだかヘン!
2011 / 03 / 06 ( Sun )
平成9年生まれ?の雑種の小さなニャンコの”もも”

もともと食は細かったのですが、昨年の夏暑さのためか殆ど食欲が無くなりぐったり、
点滴と冷房生活で元気は取り戻したのですが、最近特にクルクルと右回りする事が多く、
ベッドに上がったり下りたりも出来ない感じです。

トイレも我慢できないのか廊下でしたり、猫すなが嫌なのかトイレの近くの外でします。

とは言え、ケージでの生活は可哀想なのでさせたくないし、ちょっぴり困っています。

元々鼻炎だったのですが、これも最近ハナが酷く出るので薬を貰って飲ませ始めました。

お利口で可愛かっただけに不憫です。

お医者さんも年の所為かな~?猫はボケることは少ないんだけどね。と、おっしゃってました。

長生きして欲しいんですが。

最近「シュルのしっぽ」のジュルちゃんが亡くなったのをしって、ショックを受けたばかりなのに・・・。

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

00 : 10 : 03 | オトボケももちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
こちらをメインに変更します
2011 / 03 / 05 ( Sat )
細々と続けてきた楽天のブログ、写真がいっぱいになったのでこちらをメインに変更しました。

申し訳ございませんが、お気に入りに登録いただいてる方はお手数ですが変更お願いします。


3月に入って白いものがちらつく寒いお天気。
でも、お日様が出ると二重ハウスの中はすぐに30℃を越えます。
芽が出るまではヤキモキしても、目が出はじめると朝と夕方では大きくなったのがすぐに確認できるほど
グングンと成長してくれます。

そろそろ安芸クイーンは不要な芽を欠き取る作業に入れそうな感じです。

2月24日 
2月24日の芽がようやく出始めた安芸クイーンです。

皮剥き 
雨除けハウスのパイングレープ達も皮むきをして寒そうな姿になりました。

草取り 
母ちゃんは一重ハウスの中の草取りです。一面びっしりと生えているので大変です。
出来るだけ除草剤を使いたくないのです。なかに刈り取ってもその刈り取った部分から
根が出る草があるので、手での作業です。

何が 
その一重ハウスの中に何者かが出入りしています。この穴の周りに手で掘ったような
跡があります。今のところ害になってないのでゆるしていますが・・・・。

1番は 
そのハウスの中で一番早いのは、昨年挿し木をしていたシャインマスカットです。
本当の苗木で植えたものはまだ芽は出ていないのに、この小さな木は元気です。

3月3日 
3月3日の二重ハウスのぶどうです。安芸クイーンかな?

心配したけれど 
これは二重ハウスの中に今年植え替えたシャインマスカットです。
2年経過したものを張り上げて植え替えたので根付いてくれるかどうか心配です。
取りあえず芽は出てくれました。

確定申告書類の作成も終わり、ようやくブログももう少し頻繁に更新できそうです。
その前にホームページを何とかしなければいけませんね。

このFCのブログはどうでしょうか?
使いにくいようだと、また移転するかもです。
23 : 54 : 15 | 日々の農作業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。