スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
シャインマスカット
2012 / 09 / 03 ( Mon )
岡山県では昨年からJA経由で出荷されるシャインマスカットに、「晴王」という冠を付けて
販売しています。しかし、この「晴王」シャインマスカットが市場ではすこぶる評判が悪いらしく、
他県産に比べ安い値段で取引きされているようです。
岡山県産をブランド化するためにわざわざ「晴王」と名付けたようですが、基準が曖昧で
上級品だけに使うのでなく小粒小房の物にも使っているので、逆に悪いイメージが付いて
いるようです。

県の指導では一房重が700~800g、それより大きな房は糖度が上がらないので、
できるだけ基準の大きさにするようにとの指導です。

当園のシャインは大きなものは1.4kg、普通サイズが900~1.1kgの間です。
でも樹上完熟まで待って収穫すると、とても美味しいです。
JAや市場へ出荷される生産者は、そこまで待てません。
いや、待ちませんと言うのが正解でしょうか。
市場も、緑葡萄は緑の内に欲しいと言われます。
ご存知のように、緑葡萄でも美味しくなると黄色味を帯びてきます。

当園では、たとえスィートスポットが出て汚れても、美味しくなってから収穫しています。
だから、こんな房でも充分楽しんでいただけていると確信しています。
大粒シャイン1 

大粒シャイン2 

大粒シャイン3 
ご覧の様に果軸が茶色くなっています。
シャインマスカットは、果軸が変色したのが完熟の印です。
お客様の中には、日にちが経った物が送られて来たと思われるかもしれませんが、
これがシャインマスカット特有の果軸の変化です。

お店に並んでいる一房詰めは700~800gですが、当園の一房詰めは1kg前後です。

中にはこんなピオーネもあります。
1.4kgピオーネ 
一粒重は23~25g、こんな房だと箱に詰めるのが大変です。
スポンサーサイト
01 : 00 : 05 | ぶどう | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。