スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
お米に乳酸菌を
2009 / 08 / 16 ( Sun )

ようやくブログを書く気分になりました。
毎晩1時2時まで、時には隣に来た新聞配達の音でベッドに行くって暮らしをしていました。
そんな調子で前回からかなり間が空いてしまいました。

とは言え、そんなに沢山のぶどうを出荷していたわけではなく、久々にオークションなるものへ出品すると、たとえ数が少なくても落札者とのやり取り、送り状の印刷などで凄い時間が掛かります。
でもおかげさまで家庭用は安くて美味しいと喜ばれています。高い商品は売れませんね。
今年はまだ一度もJAへも市場へも出荷していません。この調子で殆どを捌きたいですが、高い商品はなかなか売れないのでどちらが特になるのかは不明ですね。

今日は田圃の稲に乳酸菌を撒きました。実は10日ほど前にする予定だったのですが、
お日様の顔を見ることの少ない今年はイモチ病が結構見受けられ、その防除を先に
済ませたため、今日の乳酸菌散布となったのです。
今日も朝から少しばかりのぶどうを収穫して、JA経営の産直の店2店に配達して帰ってもお日様の顔は出ず。乳酸菌散布には最適の曇りで暑くなく、時折り小雨がぱらつく状況。
ラッキーとばかりに母ちゃんと二人で泥だらけになりながら、散布しました。
乳酸菌散布


曇り空の中こんな状態で散布しています。
楽そうに見えますが、今年は土用干しが充分でなく底土までぬかる田に
足を取られ大変なんです。母ちゃんなんて何回転んだことやら。
7反ほどの田に乳酸菌培養液を1000リットル掛けました。

今年は春は晴天続きで今年も全国的に豊作と言われてましたが、
実際の作柄はいかがとなるのでしょう。

さて、ぶどうの方はと言うと、
来年は切ってしまおうかと思っていた安芸クイーンが思いのほか評判が良く、
ゴルビーもしつこい位の甘さで大好評でリピーターを沢山作りました。
こうなると安芸クイーンも切れませんね。

もう1品種、オラが紅伊豆と勘違いしていたベニバラード、この木は裂果が少なく
ちびは小さかったのですが、さっぱりした甘さでぱりぱりと皮ごと食べられて、
これが良いと言われたお客様も何人もいらっしゃいました。

こうなるとどの種類を残そうかと迷います。

安芸クイーンとこんな詰合せにもしました。
詰合せ2 
これだけ色付いてくれると綺麗ですよね。
安芸クイーン・パイングレープ・黄玉・シャインマスカットの詰合せです。
これは知人への販売です。シャインがバラ房なので特価にしています。

ゴルビー・安芸クイーン・ベニバラードは殆ど終わり、ピオーネも良い房は少なくなり
こんな房をジャムやジュース用にと特価でオークションに出すと、
値段が値段だけに(4kg1800円)すぐに売れました。
ジャム1 

ジャム2 
完熟しすぎて腐り始めています。その分甘いです。
まだこんな房が残っているので、オークションか誰かに上げるかですね。

その間ももはと言うといつもどおりのお邪魔虫で、大好きな箱の中でお休みです。
お邪魔虫1 

乳酸菌を入れたお米ですが、今年はネット販売を始めようかな~と思っています。
魚沼産コシヒカリには負けますが冷めても美味しいので、初年度の今年は
試食を兼ねて安く出そうかなーなんて考えています。

これまた泥縄にならないように早めにHPに出しましょう。

お盆に来ていた孫達とも殆ど遊んでやることが出来ず、今夜かえって行きました。
夏はいつもこんな具合でしょう。

そうそう、今年作ったハウスに植えているトマトやツルムラサキが、
ジャングルのようになってしまいました。
産直にでも売ればいいのですが、忙しくて収穫できない状態です。
今では来客への土産や親父がお世話になっている養老院への持参品になっています。

選挙の事など書きたいことは山ほどあるのですが、すでに目が死に掛けています。
次回はいつの日かですが、また立ち寄りください。


スポンサーサイト

テーマ:日常の報告 - ジャンル:日記

23 : 44 : 56 | お米 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<難しい!! | ホーム | ブドウの収穫始めました。 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://koyukien.blog115.fc2.com/tb.php/13-ea84c04c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。