スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
なんて素晴らしい人達
2011 / 03 / 26 ( Sat )
なんて寒い日々が続くのでしょう。
被災された方々の事を思うと気の毒で、早くせめて季節だけでも春が来て欲しいと願います。

地震で被害にあわれた宮城の「ぜんちゃんのブドウ畑」のトモさんに、
「何か不自由な物は無いですか?」って電話入れました。

「さっきハウスでぶどうの芽が膨らんでいるのを見つけて、
嬉しくなって写真にとってみんなで笑顔になってました。」
「便利は悪いけど、津波にあわれた方より服も布団も有るので幸せです。」

明るい声でお話をしてくださいました。

津波にあわれた方々は口を揃えて、
「生きているだけ幸せです。」とおっしゃっていますね。

なんて強い心をお持ちの方々なのでしょう。

自分があの境遇に置かれたら、あんな風に生きられるのだろうか?

考えると恐ろしくなります。

普段瀬戸内の温暖な気候風土の中で、のうのうと暮らしている自分には
決してまねが出来ないのではないだろうか!

本当に素晴らしい人達ですね。

その1人、トモさんとお話をして、こちらが明るい気持ちにさせていただきました。


この寒さの中、ぶどう達も大きくなってきました。
早いピオーネやゴルビーの枝の誘引を始めました。
シャインマスカットも誘引できる枝が増えてきています。
一重被覆の北ハウスもシャインマスカットは5cmくらい芽が大きくなっています。
サイドレスの雨除けハウスも芽が膨らんできていました。

先日思いついて、いつも行く農家の店に売れ残っていたオリエンタルスターを
2本買い植えました。
新しい品種が増えるのは、「どんなぶどうが生ってくれるのだろうか?」と
青年がまだ見ぬ恋人を思う気持ちと同じようなわくわく感があります。

そろそろ忙しくなりそうな気配です。
スポンサーサイト
01 : 22 : 54 | 思いのままに | コメント(0) | page top↑
<<乳酸菌を! | ホーム | 頑張れとしか言えない自分が・・・。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。