スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
減農薬栽培の厳しさ!
2011 / 07 / 01 ( Fri )
 昨年以上のとんでもない気象条件に振り回され、ぶどうの手入れに追いまくられて
ようやくブログの更新が出来る状態になりました。

梅雨に入ってからの日照時間がとんでもなく少なくて、
雨はそんなに降らなかったものの、日々曇り空で湿度が高く、
気温は昼夜の温度差が殆ど無いような日が続きました。

また、昨年以上に減農薬での栽培をと頑張ってはいるものの、
灰カビ病は抑えられたものの、花が咲く前後の予防をしなかったためか、
昨年もそうだったのですが今年はより以上花弁やキャップの落ちが悪く、
果頂点が傷になっている粒が多くあります。

悪い事にこの湿度で、今年は加温したぶどうは粒が小さかったようですが、
二重被覆のハウス以降は粒がどんどん大きくなり、この果頂点の傷から
裂けてきています。
特に安芸クイーンは酷いです。元来裂果が気安い品種なのですが、
見事に色付く前に裂けてしまっています。
ゴルビーも同様の症状がでてきています。

「特別栽培ぶどう」に固守するあまり、肝心の時期の予防が出来ていなかった
ようです。

もう一つの障害は、青ぶどうの翠峰や瀬戸ジャイアンツ、シャインマスカットにまで
生理障害の縮果病がでてきています。我家だけでなく結構全般的におきている
ようです。JAの営農指導員から聞いた話です。
我家のぶどう達も例外ではないようです。

折角減農薬で作っていても、良い物が出来ないのは淋しいですね。


例年通り水が入る少し前に田圃に乳酸菌を降り込みました。
乳酸菌散布中 

西ハウスのピオーネです(6月18日)
618ピオーネ

同じく西ハウスのゴルビー(6月18日)
 618ゴルビー

同じく西ハウスの安芸クイーン(6月18日)
618安芸クイーン 

減農薬の勲章?北ハウスのアレキ(マスカット)と4,5房のピオーネに
スリップスが来てしまいました。この写真はピオーネです。
これはいずれ落としましょう。
スリップス1 

これも同じくピオーネです。
スリップス2 

今年から青ぶどうに、青竹の傘紙を掛けています。
シャインマスカットが一番調子が良いですね。

明日の夜からはHPの更新と、遅ればせながらお客様への案内状を
作成したいと思っています。
スポンサーサイト
23 : 22 : 42 | ぶどう | コメント(0) | page top↑
<<梅雨明けが待ち遠しい! | ホーム | 疲れがとれない・・・年かなー?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。