スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
色付き始めました
2012 / 06 / 04 ( Mon )

 二人仲良く 前回から1ヶ月以上経過しました。
忙しい日々が続き、パソコンの前に座ると眠気が襲い、
メールを確認するのが精一杯。
何とか今日は更新できそうです。

今までやって来た作業を写真で紹介しましょう。

ぶどうの花が咲く前の作業としては、大きな房を必要なサイズに切り落とします。
これはピオーネですが、何もしないとこの大きさです。


房の切り込み前


不要な部分をカットします。
 
切り込み後こんなに小さくします。
大きさに多少の違いはあれど、全ての品種のぶどうの房は切り込みます。
これはシャインマスカットの切り込み前です。
シャイン切込み前同じ房の切り込み後です。 
 
シャイン切込み後時期に違いはあれど、このように全部の房を切り込んでいきます。

それから花が咲き始め、満開になると1回目のジベレリン処理です。
これは種をなくするためと、実止まりを良くするために行います。
今年は二重被覆と一重被覆のハウスでは、品種によっては開花時期に低温になり、
実振いした品種もありました。
昨年は一重ハウスだけで済んだのですが、今年は二重ハウスも若干有りました。

実止まりが確認できた段階で、これまた不要な粒を一粒一粒落としていきます。
これを粒間引きと言います。
粒間引き前の瀬戸ジャイアンツです。
瀬戸粒間引き前こんなにたくさんの粒がついています、これをこんな感じに間引きます。
瀬戸粒馬間引き後

今年は同じ部落の娘の同級生の麻衣ちゃんに無理やりお願いし、
アルバイトに来てもらいました。
彼女にとっては始めての作業でしたが、とてもセンスが良く
母ちゃん以上のペースで間引いてくれていて、
私達がついていなくてもしっかり間引いてくれています。

5月30日には4月にも来てくれた東大阪の娘達が、
再度来てくれました。
軽トラの荷台に母ちゃんと3人乗り、北のハウスへ行きました。
撮影者は和君で、母ちゃんと絵己ちゃん。
軽トラの荷台に乗り
和君に間引きを教えています。
和君に
母ちゃんの後ろがアルバイトに来ている麻衣ちゃんです。
二人仲良く

二人仲良く粒間引き中です。

二人仲良く
二人の間引いた房には印を付けて。

麻衣ちゃんも含めて前回のお店で夕食後、彼たちは帰っていきました。
また来る事を約束して。2時間ほどで帰宅したとのメールが入りました。

粒間引きの後、2回目のジベ処理です。
品種によってはしないものもあります。
今まで割れて困っていたベニバラードやシロガネは、
今年は二回目のジベ処理は止めています。
ベニバラードは色付き始めましたが、今のところ割れは見えません。
このまま熟れて欲しいものですが、どうなります事やら。

色付き始めたベニバラード
色付き始めたベニバラード

シャインマスカットの現状
今のシャインマスカット

写真では分り辛いけれど、少し色が付き始めたゴルビー
ゴルビーも 
安芸クイーンも微かに
安芸クイーンも


今は雨除け栽培のハウスで、紅伊豆、パイングレープ、シロガネを粒間引き中です。

西と東のハウスには2回目の乳酸菌を潅注してやりました。
雨除け栽培ハウスにも潅注する予定です。

5月24日には田圃に”きぬむすめ”と”ヒノヒカリ”を播きました。
雨があまりにも少なく、本格的に目が出てきてくれません。

昨年と同じで、雨乞いが必要かも。
スポンサーサイト
23 : 26 : 32 | ぶどう | コメント(0) | page top↑
<<久々の雨の後 | ホーム | 介護猫のもも>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。