FC2ブログ
特別養護老人ホームが町内から引っ越しをされました
2016 / 04 / 24 ( Sun )
 35年以上町内にあった特別養護老人ホームが、ついに4月3日引っ越しをされ町内から出て行かれました。
毎年8月最後の土曜日には盆踊り大会があり、唯一町内に大勢の人が集まる時だったのですが。
理由は、すぐ隣の田んぼに建て替えを計画したのですが、市の開発許可を取るためには村中の道の一部が4mに足らず、その場所だけ川に蓋をさせて欲しいとの要望があったのですが、その時の町内会長と土木水利委員が町内会に諮る事無く反対したため、否応なく出て行かざるを得なかったのでした。
それまでは従業員さんの車で賑やかだった駐車場は、デイサービスセンターや居宅介護支援センター、ケアハウスは残ったもののがら空き。昨年まで親父がお世話になっていて、またすぐ隣にハウスがあるため仕事に行く度に寂しさを感じます。

PICT0093.jpg

玄関にはこんな貼紙が。

PICT0092.jpg
23 : 34 : 14 | ある日の出来事 | コメント(0) | page top↑
みんなの力でこんなシャインマスカットも
2015 / 08 / 25 ( Tue )
今年のシャインマスカット達です。こんなに大粒で大きな房なので、美味しくなるのには時間がかかるのですが、秤に乗せてビックリ!

シャイン151

シャイン1.4kg

シャイン1.6kg

みんなの協力に、感謝!感謝のぶどう達です。
18 : 30 : 59 | ぶどう | コメント(0) | page top↑
ひっさびさのブログです
2015 / 08 / 25 ( Tue )
今年もいろんな事がありました。昨年の11月20日に小生の右足ふくらはぎの肉離れに始まり、今年は母ちゃんが
体調不良で入院後しばらく全く仕事ができない状態に。
其の上粒間引きのアルバイトに来てくれていた麻衣ちゃんが都合で来れないことに。
母ちゃんは「今年はぶどう作のやめたら!」とのことだったが、お客様が待っていて下さるから「一人でできるだけ作る。」と決心。
その後、粒間引き間近になってお客様でもある友人の和美さんに相談したところ、今来てくれている千香ちゃんを紹介してくれま
した。そして、元の会社の友人森岡君が今年定年で家に居るので、断わられるだろうと思いながらお願いしたところ、困った時は
お互いさまとご夫婦で手伝いに来てくれました。その他にも、同じ町内出身の遠い親戚の文男君ご夫婦、母ちゃんの一番上の姉、
これまた同僚の息子の吉田君、こんないろんな人達に支えられ何とかお客様にお出しできるぶどうが作れました。
千香ちゃんは収穫がほぼ終わる9月末まで来てもらうつもりです。

もう1件は、特別養護老人ホームに入所していた父親の旅立ちでした。肺炎で入院し、少し良くなりかかった時に急に大動脈血栓で旅立ちました。13日間の入院、そして息子のお嫁さんに旅立ちの化粧をしてもらって、お袋と別れて43年やっと二人でまた暮らせるようになりました。父親を早くに亡くし弟も戦争で亡くし、母親、祖母、女兄弟2人、そして病弱な連れ合いと苦労続きの親父。
天国ではゆっくりと休んで、好きだった犬達、ももちゃん、みんなで仲良く暮らして下さい。

そんな中、嬉しいこともありますよ。東大阪の息子と娘と言っていた「門田君夫妻に赤ちゃん誕生」。
ようやく首が座ったからと、お盆休みに見せに来てくれました。
人見知りもせず、笑顔を振りまく可愛い「桃花ちゃん」です。

娘が連れてきていた黒犬「ノエル」にも興味津々、我が家の愛猫「さち」を見ても平気。
可愛い可愛い孫です。

桃花ちゃんとさち

桃花ちゃんとノエル

早く大きくなって、ぶどうが食べれるといいね!
また遊びに来て下さいね。

18 : 18 : 25 | 家族 | コメント(0) | page top↑
東大阪の息子夫婦来園
2014 / 07 / 21 ( Mon )
 2ヶ月ぶりに東大阪の夫婦が来ました。3連休の中日という事もあり、
高速道路が混んでいたため少し遅れての到着でした。
今回はピオーネの傘紙掛けと、シャインマスカットの副梢が出ているのを切り取ってもらいました。
我々のように毎日見ていないので、どの部分が不要なのかの判断が難しいとのことでした。
いつものように晩御飯を一緒に食べて、9時過ぎに出発、何とかその日のうちには着いたようでした。
ブログの更新も出来なければ、肝心のホームページも更新しないのでぶどうの注文さえ出来ない。
いったい何をしているのか心配される方まで・・・・。

実は頑張って田んぼの中を這い回っていました。
それも隣村の知人の田んぼ。
旦那さんは腰が悪くそれが足に来ているし、奥さんは水が溜まりだして両足を手術をしていて、
どちらも水の入った田んぼに入る事が出来ない状態。
水が入る前の除草剤と水を入れてからの除草剤、突然お願いされやってあげたのですが、
昨年の草取りが出来ていなかったためか凄くたくさんのヒエが残っている。
あまりの状態に見るに見かねて「取ってあげようか!」と思わず声を掛けてしまった。
もっと短い期間で取り終えることが出来るかなと思ったのですが、
さすがの多さで予想外の時間が掛かっています。
後3日ぐらいはかかるかな~。
ボランティアのつもりでやっています。
草取り前 
黄緑色が稲、間の色の濃いのがヒエです。

草取り後
このように草をとると水が見えるようになります。
白いものは肥料袋で、取ったヒエをこの中に入れて
まとめて持ち出します。
腰は痛くなるし、腕は疲れるしで、夜はダウンしていました。
でもボランティアだからできるのであって、アルバイトなら
とっくに止めているでしょうな!

そんな事の日々でした。



02 : 31 : 01 | 日々の農作業 | コメント(0) | page top↑
無事にお母さんの下へ
2014 / 06 / 09 ( Mon )
 チャーミーが旅立ちそろそろ1ヶ月が経とうとしています。
ぶどうの作業に日々追われています。
二重ハウスのピオーネやベニバラードは色付いてきています。
今は雨除け栽培のパイングレープやシャインマスカットの粒間引きの作業です。

そんな忙しい日の夕方バイクで我家に帰ると、敷地内の道に何か塊がある。
誰がこんな所に石を置いたのかな?
そんな思いでバイクを置き見に行くと、なんとフクロウの子供。
近づいても逃げないので、怪我をしてないかと抱き上げても暴れない。
猫に食べられると可哀想なので、古い鳥かごを出してきて取り敢えず捕獲。
ネットで餌を調べたり、友人に電話で聞いたり。
網のようになっているキャベツの青虫を探したりと、夜遅くまで夕食もとらずに奮闘。
興奮しているのか、その日は食べてくれず。
翌朝母ちゃんが再度青虫を捕獲してきて食べさせると、腹が減っているのか
食べてくれました。
夜には親が鳴いているようなので、遅くまで外に放して陰で見守る作業を母ちゃんが
頑張っていましたが、一度は鳥が飛来したようだが親鳥かどうかは不明で、
さすがに夜通しは無理なのでケージに戻して寝ました。
ネットで調べた限りではとても手に負えるような鳥では無さそうなので、
月曜日に市役所に電話をして教えてもらうこととして、それまでは
何とか無事に育てようと二人で結論。
買い置きの鶏の身を細かくしたり、青虫を探してきたりして
与えていました。
今日母ちゃんがふと思いついて動物園に電話したところ、
餌は与えずに一度来たのならその辺りに放しておいて下さい。とのこと。
今夜、母ちゃんが再度挑戦したところ、少しして見に行くとハウスの上に登っていた。
その後しばらくして行ってみたら、居なくなっていてちょっと離れた木が茂っている辺りで
子フクロウの鳴き声がしていて、親フクロウも鳴いていたのでいずれは会えるだろうと
帰ってきました。チャーミーの代わりに来たとしても、素人が飼ってはいけないようですので
無事を祈りながら帰ってもらいました。

僅かばかりの楽しさを与えてくれた福ちゃん
赤ちゃんフクロウ1
 こんなに小さいけれど頑張って大きくなってください。
赤ちゃんフクロウ2 

チャーミーとお別れの日の写真です。牛窓のお母さんから送られた、お気に入りのピンクの毛布を
掛けて旅立ちました。ももちゃんと会えて仲良く遊んでいるでしょう。
チャーミーとの別れ 
クーラーの横のたくさんのお花は、上原動物病院から思いもかけず送られてきた花束です。
上の一番手前にあるのは,牛窓の母さんからのお花です。
この他に息子のお嫁さんからもお花を貰いましたが、さちがいたずらをするので他の場所に
置いてありました。
ももちゃんと並んでまだ遺骨は置いてあります。離れるのが寂しいです。
お花が贈られて
何かにつけて思い出し寂しい思いはなくなりませんが、さちとウォルが慰めてくれています。
いつまでもめそめそしないで、ぶどうの話題を書かないと忘れられそうです。
また、ホームページも更新しなくては・・・・です。
頑張っていきます。
01 : 44 : 44 | ある日の出来事 | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ